I-ne Lab

I-ne ラボ



ベニクスノキタケ菌糸体含有ドリンク臨床試験

ベニクスノキタケ菌糸体について、臨床試験を実施しましたので、その結果をご報告致します。

背景

ベニクスノキタケは台湾固有のキノコであり、ベニクスノキタケ菌糸体は肝臓の保護作用がin vitro、in vivo により報告されている。
ベニクスノキタケ菌糸体含有ドリンクの肝臓保護作用によるアルコール代謝改善効果を検証する為、臨床試験を実施した。

試験方法

対象者
健常な日本人成人男女でお酒に酔いやすいと感じる人
試験参加者数
16名
試験デザイン
ランダム化二重盲検クロスオーバー比較試験
  • ※ランダム化:被験者を無作為に振り分けること
  • ※二重盲検:各被験者に配るサンプルの種類を臨床試験に関係するもの全員が分からないようにすること
  • ※クロスオーバー比較:試験食品と対象食品の時期をずらして摂取し、結果を集計し評価する試験法。
試験サンプル
A.ベニクスノキタケ菌糸体含有ドリンク
B.ウコンエキス含有ドリンク
摂取回数
単回摂取
方法
  1. ①試験サンプルを摂取し、30分後にアルコールを規定量※摂取。
    ※アルコール負荷は試験参加者の体重1kgあたりエタノール0.5g分のウイスキーと同量の水で希釈し約15分かけて摂取。
    例)体重約60kg アルコール度数約18度のウイスキーを約200ml摂取。
  2. ②アルコール負荷前、アルコール摂取30分後、60分後、120分後、180分後の計5回、血中エチルアルコール量を測定し、その数値を基にAUC※と血中エチルアルコール濃度変化を比較した。
    ※AUC:体内に滞在したエチルアルコールの総量

結果

血中エチルアルコールAUC

ベニクスノキタケ菌糸体含有ドリンクはウコンエキス含有ドリンクと比較し、有意(p<0.05)にAUC値の低下が見られた。

 
血中エチルアルコール濃度

※AUC、負荷60分後、負荷120分後、負荷180分後で有意差有(p<0.05)

べニクスノキタケ菌糸体含有ドリンクは、飲酒後60分以降でウコンエキス含有ドリンクよりも有意に血中アルコール量を低下することが確認された。

 

お問い合わせ

Contact us

 

各種お問い合わせは、下記フォームへお寄せください。


お問い合わせフォーム
 
© 2017 I-ne co.,ltd.

個人情報保護方針

I-neで働くならここから!

I-ne求人・採用情報は、こちら