個人投資家の皆さまへ

ビジネスモデル

独自のブランドマネジメントシステム「IPTOS」で
どこよりも早くトレンド商品を開発し、
市場に届けます

商品のアイデア創出から、販売を本格展開させるまでの KPI を細かく定め、仕組み化したのが I-ne のブランドマネジメントシステム 「 IPTOS 」 です。このモデルを実現するには I-ne が持つ3つの強みが欠かせません。強みを活かしながら 「 IPTOS 」 を運用することで、持続的なヒット商品を生み出すと同時に、各工程におけるリスクを抑制し、さらには最短6ヶ月での製品リリースを可能にしています。

I-neのブランド開発モデル「IPTOS」
  • Idea アイデア

    AI が発見した萌芽前のトレンドの種を
    専門チームが選別

    アイデアの選別

    選別されたトレンドの種から
    全社員が商品アイデアを創出

    アイデアを創出
  • Plan 企画

    優れたアイデアをファブレスで
    迅速に商品化

    商品化
  • Test 検証

    小ロット生産した商品を
    自社 EC サイトでテスト販売

    会員基盤を活かした
    マーケティングをもとに商品を改良

    テスト販売・改良
  • Online
    Offline EC /一部小売

    Scale EC スケール/
    小売本格展開

    データドリブンにより
    最適なプロモーションと販路を確定し
    本格販売開始

    販路を確定し本格販売

3つの強み

強み1

ハイバリューブランドの
企画開発

AI が世界2,000万以上のサイトから収集したトレンドをもとに、60名を超えるインハウスクリエイターによって独自の世界観をもつ新たなブランドを日々創出しています。
さらに、100社を超える OEM ネットワークを用いて最速・最適な生産体制を構築し、お客様にいちはやくトレンド製品をお届けしています。

強み2

独自の
D2C プラットフォーム

3,400万人を超える会員基盤をもつ自社サイト「 &Habit 」は、単なる販売チャネルに留まらない、高確度のマーケティングプラットフォームとしても活用しています。
また、70名を超えるデジタルマーケッターにより、 LINE や Instagram などの各 SNS を駆使したマーケティングを行っています。

強み3

強力な
OFFLINE 流通店舗網

I-ne は、実店舗販売においても、ドラッグストアをはじめとした国内6万店舗を超える販売網を有しており、さらに、海外14ヵ国においても展開しています。
この強力な販売網を用いて、オンラインとオフラインを併合した OMO ( Online Merges with Offline ) の流れを生み出しています。

NEXT

進化を続ける I-ne のさらなる成長戦略とは