代表挨拶

MESSAGE

BOSS=お客様のために、


世界を変えるプロダクトを創り出す。

一人でも多くの人に笑顔になってもらうために。
私たちは、ビューティーテックカンパニーとして世界中のボスにイノベーティブな”アイディアとマーケティング”で幸せな体験を届けます。

PHILOSOPHY創業5期目で気づいた。
存在意義は「Chain of Happiness」

2005年。ガラケーが主流の時代に、モバイル×ECというプラットフォームと、
「ブログ」における個人の発信が与える影響力の成長可能性に魅了され、
大学生のときに起業しました。

起業当初はTシャツやネイル、スキンケア商品など、特に商品ジャンルはこだわらず、
なにか新しいことをしよう!成長できるチャンスをつかもう!とがむしゃらに走りましたが、
5期目の社員が10人を超え、売上が10億を超えたあたりから、
「売上成長」だけでは満足できない自分がいました。

そんな中、お客様からいただいた1件のレビューに出会います。
「I-neさんの商品を使うようになって、娘の悩みが解消され、元気に学校に行くようになりました。ありがとうございます」

起業からずっと、売上ばかりを追っていた私たちが、
商品を購入いただいたお客様に対して提供する本当の価値に気づいた瞬間でした。
そこから、私たちのミッション「Chain of Happiness」が誕生し、
商品を通じて、購入いただいた人はもちろん、そのまわりの人にも幸せの体験を届けていくことを大切にしています。

今後は、ビューティーテックカンパニーとして、
AI、IoTなど、様々なテクノロジーを駆使して、
Chain of Happinessの最大化を目指し続けます。

株式会社I-ne
代表取締役社長 大西 洋平

THOUGHTモノに求めるコトは
常に変化している

産業革命以前は、需要に供給が追いつかず、多くの人に必要なモノがしっかりと行き届いていない時代でした。 産業革命を迎え、低コストでモノが作れるようになってからは、モノの足りない時代からモノを作れば作るだけ売れる時代になりました。

70年代以降、経済や技術の発展に伴い、生活に便利な製品が次々に開発され機能が同じようなものが沢山並ぶようになりました。

90年代からインターネットが普及し始め、消費者は商品の機能に加え、ブランドのビジョンや、どういう社会貢献ができるのか、という精神的な価値を求めるようになりました。

無数のブランドと、無数の価値観と、無数の情報が存在する今マーケットはさらに変化を遂げようとしています。

MESSAGE一人でも多くの人に
笑顔になってもらうために。
世界を変えるプロダクトを
創り出す。

テクノロジーの進化によって、多くのデータが今よりもっと活用できるようになり、製造の設備も飛躍的に進歩し、その人にあったモノがすぐに作られて、すぐに手元に届く時代になります。
つまり人類70億人には70億通りのプロダクトが届く時代が来ると思っています。

その時代になると、製造も広告も極限まで研ぎ澄まされるため無駄がなく、大量生産が無くなることで過剰な廃棄物も減り、それによって環境汚染も無くなる。消費者にとっても地球にとっても素晴らしい世界になると私たちI-neは信じています。

ひとりひとりに本当に合った商品を届ける。これを私たちは目指していきたいと思っています。

それにより、もっと豊かな社会に貢献する。
ビューティーテックカンパニーとして、商品を通じて世界中を幸せにすることが私たちの理念であります。

株式会社I-ne
代表取締役社長 大西 洋平